忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/23 19:12 】 |
分身 東野圭吾、感想と口コミ、ブック本通販
分身 東野圭吾

東野圭吾さんの分身を読んでみましたが、一般の東野圭吾さんの作品の中ではハラハラ感はあまりなくミステリーやサスペンスというよりも家族の裏を描いたような作品でした。


メインになるだろうと思っていた場面も少ししか描かれていなく、最後もそれぞれの感情やその後に関しての記述はあまりなく、デザートを待っていたら今回はなしみたいな気分にもなるかなという本でした。


裏の裏の裏とか、人間不信になりそうな怖さを感じることもなく、ごくごく一般的なミステリー調の仕上がりになっています。


事件は発生したものの、結局その事件も解決していない気も。


だいたいのある程度は話の中身が予想できるかなという感じで意外性やそんなドアがあったのかという驚きはあまりないですね。


 


出版された年月を考えるとそういうことが旬で話題になった時期でもあり、東野圭吾さんも話題のテーマを取り入れたくなったのかもしれませんね。

話の内容は悲しい系で切なさを求めている方には満足されると思います。


PR
【2011/07/04 17:56 】 | 分身 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | ある閉ざされた雪の山荘で の感想と口コミ、通販>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム | 次ページ>>